沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
44214 ピアノ実技W 3 後期 実技
受講年次 担当教員名
ピアノコース2年次 ○小沢麻由子・小杉裕一・和田紘平
■テーマ
・ロマン、近現代の作品を中心に、幅広く多様な表現を研究する。
■授業の概要
・より高度なテクニックを磨き、時代様式や表現方法の違いを理解し、演奏に反映させるよう学習する。
・楽譜通り正確に演奏するだけでなく、理性的な自己表現が出来る演奏を目指す。
■到達目標
・個々の習熟度に応じた課題曲を設定し、より高度なテクニックを修練する。
・試験の課題曲は10分以上20分以内の、豊かな表現を追求した自由曲とし、複数曲でも可とする。
・試験は暗譜で演奏する。
■授業計画・方法
個人指導による実技のため各回1時間(学則29条)
1.ピアノ実技Vで検討した楽曲の譜読みを確認し、試験までの学習計画を立案する。
2.作品の時代様式や楽曲分析を行い、自己流でない音楽表現を研究する。
3.伝統的な演奏習慣や慣例となっている奏法の研究を行い、多角的な演奏技術を学習する。
4.演奏時間が短くない曲の練習方法や、時間配分、テクニックの修練の方法を学習する。
5.客観的な演奏解釈と、自分の演奏の違いに気付き、演奏中でも修正する技術を研究する。
6.作品の持つ構成感を損なわない程度の、自由な音楽表現を模索する。
7.課題曲以外の作品の研究も行い、自分の演奏に反映させる。
8.演奏表現を豊かにさせるためのテクニックを研究する。
9.作品全体を通して、一貫性のある演奏様式に基いているか検証する。
10.要求されているディナーミクの変化が、音量の変化だけに終始しないよう学習する。
11.説得力のある演奏を目指し、自分のレパートリーにさせるべく、表現を深く掘り下げる。
12.構成感があり、テンポ配分にバランスが取れている演奏を研究する。
13.時代様式から乖離していないか確認し、客観的に自己の演奏を俯瞰出来るよう学習する。
14.ただ楽譜通りかどうかの暗譜の確認でなく、音楽表現としての一貫性をも検証する。
15.最終的な試験曲の完成度を確認し、卒業演奏試験をも想定したピアノ実技Xの演奏曲について、幅広い作品の中から自分の希望も活かして検討する。  定期試験を実施する
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
・授業時間以外に予め充分な時間の練習を行うこと。
■成績評価の方法・基準
【方法】
暗譜の正確さ(20%)、完成度(30%)と音楽性(50%)等を総合的に判断し採点した審査結果を基に、全試験官の平均点で成績評価とする。試験終了後に、試験官全員の個人採点結果と個別講評を配付する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
教員の指示による
テキスト
個々の課題曲の楽譜は、学生自身が準備する。
参考文献
「スケルツォ集」ショパン著 ジェスク音楽文化振興会出版 他
←戻る