沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
44234 伴奏法W 1 後期 実技
受講年次 担当教員名
ピアノコース2〜4年次 ○小沢(小澤)麻由子・小杉裕一・和田紘平
■テーマ
ヴァイオリンとの二重奏におけるピアノ演奏の発展的技術を習得する。
■授業の概要
伴奏Uを発展させた、より難易度の高いヴァイオリンの伴奏技術を学習する。
■到達目標
・ヴァイオリンの伴奏について、応用展開的技法を習得する。
・習得した伴奏技術を応用し、さらに多彩な伴奏の演奏技術を鍛錬する。
・伴奏のみならず、二重奏曲の演奏表現技術を研究する。
・学習発表会において、ヴァイオリンの伴奏における演奏を成績評価対象とする。
■授業計画・方法
授業計画
1.ガイダンス(担当:小杉裕一)
2.ヴァイオリンに限定しない器楽の伴奏について学習する。(担当:小杉裕一)
3.ピアノだけでヴァイオリンの伴奏パートを学習する。(担当:和田紘平)
4.前回学習した曲を演奏員と共にバランスに気をつけて演奏する。(担当:小沢麻由子)
5.前回とは異なる曲をピアノだけで学習する。(担当:小沢麻由子)
6.前回学習した曲を演奏員と共に響きに気をつけて演奏する。(担当:小沢麻由子)
7.前回とは異なる曲をピアノだけで学習する。(担当:小杉裕一)
8.前回学習した曲を演奏員と共にハーモニーに気をつけて演奏する。(担当:小杉裕一)
9.前回とは異なる曲をピアノだけで学習する。(担当:和田紘平)
10.前回学習した曲を演奏員と共に音楽表現に気をつけて演奏する。(担当:和田紘平)
11.前回とは異なる曲をピアノだけで学習する。(担当:和田紘平)
12.前回学習した曲を演奏員と共に様式感に則り演奏する。(担当:小沢麻由子)
13.前回とは異なる曲をピアノだけで学習する。(担当:小沢麻由子)
14.前回学習した曲を演奏員と共に音楽作品として成立するよう演奏する。(担当:小沢麻由子)
15.学習発表会(学内公開)で、これまで学習した曲を演奏員と共に演奏し、成績評価とする。
定期試験は行わない。
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
ピアノ独奏と同様、事前に綿密な譜読みと充分な練習をして授業に臨むこと。
■成績評価の方法・基準
【方法】
学習発表会においての伴奏で、伴奏技術の習熟度(25%)、バランス(25%)、合奏のアンサンブル力(25%)、音楽的表現力(20%)並びに平常点(5%)を加味して、担当教員全員の協議により総合的に評価する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
特になし。
テキスト
各自が担当する伴奏の楽譜は担当教員が指示する。
参考文献
「ヴァイオリンソナタ集」 ベートーヴェン / ブランデンブルグ編 ヘンレ社 他
←戻る