沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
44414 ピアノ実技[ 3 後期 実技
受講年次 担当教員名
ピアノコ-ス4年次 ○小杉裕一・小沢麻由子・和田紘平
■テーマ
4年間の集大成となるべく、より完成度の高い心技の伴った演奏を目指す
 
■授業の概要
・各々の学生に見合った作品を選び、より多角的なピアノ奏法を追究してゆく
・後進の指導にも活かせるような研鑽を積む
・長い時間演奏するためのスキルを学ぶ
■到達目標
・学内演奏会では10分程度の自由曲を演奏する。これまでの定期試験、学内演奏会でベートーヴェン以前の作品を演奏していない場合には、ベートーヴェン以前の作曲家の作品を演奏すること。ただし、前期の定期試験で演奏したバッハの作品は除く。
・定期試験は15〜25分の自由曲。1〜3年次の試験曲や学内演奏会で演奏した作品、及び4年次の学内演 奏会で演奏した曲を一部含んでも良い。
・定期試験、及び学内演奏会は暗譜で演奏する。
■授業計画・方法
1.ガイダンス。各学生の習熟度に応じ、作品の規模も踏まえ課題を決定する
2.演奏する作品の様式、構成、大きな流れを理解する
3.学内演奏会で演奏する作品の暗譜を開始 そのポイントを把握する
4.定期試験で演奏する作品の様式や構成を理解する
5.運指について
6.ペダリングについて
7.複数曲を演奏する場合の、演奏内容の相違を確認
8.複数曲を演奏する場合に起こる事柄についての理解
9.音楽の流れに沿った暗譜を開始する 
10.すべての作品を通して演奏するにあたって
11.作品の内容と自身の演奏が一致しているかを確認
12.リハーサル すべての作品を通して演奏する
13.リハーサル 各作品の内容を細部まで確認する
14.定期試験前の暗譜や音楽表現について最終確認を行う
15.まとめ                      ※定期試験を実施する
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
授業時間以外に、あらかじめ充分な時間の練習を行うこと。
■成績評価の方法・基準
【方法】
平常点20%・定期試験80%
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
「ソナタ」リスト著 ムジカブダペスト社、他
テキスト
個々の課題曲等の楽譜は、学生自身がコピーでなく準備する。
参考文献
特になし。
←戻る