沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
46313 管打楽実技X 3 前期 実技
受講年次 担当教員名
管打楽コース3年次 〇阿部雅人 澤村康恵 倉橋健 屋比久理夏 若林かをり 荒川洋 庄司知史 有銘優 大澤昌生 菅原恵子 吉川武典 井上順平 池田幸弘 稲嶺哲也 安藤芳広
■テーマ
これまで培ってきた技術をもとに、より難易度の高い曲を演奏するとともに、曲の内容を深く理解する。
■授業の概要
管打楽実技Xではフルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルン・トランペット・トロンボーン・バストロンボーン・テューバ・打楽器の個人指導を基本とする。管打楽実技Wをより発展させ難易度の高い様々な年代の作品を演奏出来るように、奏法や表現方法を学ぶ。
■到達目標
・管打楽実技I・II・III・Wで学んだ基本技術に基づいて更なる理解力と応用力を磨き、より難易度の高い曲を
 演奏する事を目標とする。
■授業計画・方法
*個人指導による実技のため各回1時間(学則第29条)
1.より発展的なレッスン、呼吸法について
2.より発展的なレッスン、姿勢について
3.より発展的なレッスン、奏法について
4.より発展的なレッスン、奏法について
5.より発展的なレッスン、音階について
6.より発展的なレッスン、ロングトーンについて
7.より発展的なレッスン、アルペジオについて)
8.より発展的なレッスン、タンギングについて
9.より発展的なレッスン、エチュードについて
10.試験演奏曲の譜読み
11.試験曲のアーティキュレーションについて
12.試験曲のアゴーギクについて
13.ピアノとの合わせ方について
14.ピアノとの音程の合わせ方について
15.試験曲のまとめ(定期試験を実施する)
 
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
・レッスン、試験等の時間は厳守である。
・試験はすべて暗譜で行うこと。
・規定演奏時間(10分)の範囲を守ること。制限時間を超えた場合、試験の中断を求める場合がある。
・伴奏を伴う場合ピアノとする。
・伴奏員の指定はできない。
・各種提出物の期限を厳守する事。
・暗譜、提出物の期限に反した場合、減点の対象となる。
■成績評価の方法・基準
【方法】
定期試験100%
各試験官が100点満点で定期試験を採点し、その平均点で成績を評価する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
学習者の段階に応じ課題を設定するので、ガイダンスにおいて指示する。
テキスト
担当する教員の指示による。
参考文献
各担当教員の指示による
←戻る