沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
48223 音楽組織論 後期 講義
受講年次 担当教員名
全専攻2〜4年次 谷本裕
■テーマ
実演活動に関わる芸術・芸能組織の特性を学ぶ。
■授業の概要
組織というものは元来、活動の理念や目的を持ち、その実現に向かって経営が行われる。この授業では、音楽や舞踊などの実演活動に関わる様々な芸術・芸能組織の経営・管理の状況を見る。これら組織の多くは非営利であり、企業などの営利組織とは異なる特性を持つ。こうした特性を理解し、さらに組織における意思決定やリーダーシップ、あるいはマーケティングやプロモーションといった事柄について述べる。
■到達目標
・音楽組織の特性を理解する。また将来、こうした組織を主導する立場に立つ際、いかなる能力やセンスが必要であるかを把握する。
■授業計画・方法
1.組織の定義・音楽組織の使命(ミッション)
2.音楽実演団体の組織
3.劇場・ホールの組織
4.芸術祭・音楽祭の組織
5.組織と利害関係
6.意思決定システム
7.経営戦略
8.リーダーシップ(1)フォロワーと動機付け
9.リーダーシップ(2)芸術面と経営面
10.マーケティング(1)顧客と市場
11.マーケティング(2)戦略
12.プロモーション戦略
13.財務会計
14.組織改革(ガバナンス)と改革
15.まとめ 定期試験は実施しない。課題をレポートで課す。
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
業の中で取り上げるのは主に、西洋芸術音楽の団体や地域の芸能団体など芸術・芸能・文化の普及や振興に携わる組織で、その多くは主に非営利組織である。必要に応じ。それ以外についても触れる。履修生は、教官の講義内容を時に応じ、自ら専門とする実演組織などに当てはめながら聴くよう留意願う。
■成績評価の方法・基準
【方法】
(1)平常点30%(2)ミニレポート20%(3)レポート50%
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
特になし。
テキスト
田尾雅夫・吉田忠彦著『非営利組織論』有斐閣アルマ 2009年 ほか
参考文献
授業中、必要に応じて示す。
←戻る