沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
48291
(47281)
琉球音楽論A(琉球音楽論・前期) 2(4) 前期(通年) 講義
受講年次 担当教員名
音楽表現専攻3〜4年次、音楽文化専攻2年次、琉球芸能専攻2〜4年次(音楽学専攻2〜4年次) 金城 厚
■テーマ
島々の歌‥‥八重山、沖縄、奄美諸島の民俗音楽
■授業の概要
沖縄音楽の全体についての基礎的な知識を得るための科目である。とりわけ、八重山・沖縄・奄美の島々で、人々が昔から歌い継いできた祈りの歌や仕事の歌、踊りの歌を紹介し、歌を支えてきた「こころ」を考える。
■到達目標
琉球の民俗音楽の各ジャンルごとに、歌詞の形式と内容、また音階やリズムなどの音楽的要素がそれぞれどのように違うかを簡潔なことばで説明できること。
 
 
■授業計画・方法
1. 島々に伝承される民謡と、新民謡・大衆音楽との違い  9. 臼太鼓歌の分布と伝承
2. 八重山のアヨウ、種取祭の奉納芸能          10. 臼太鼓と古典音楽曲の関係
3. 八重山のユンタ、その形式原理について        11. 念仏とエイサー
4. トゥバラーマと節歌、民謡の文学的展開と音楽的展開  12. 奄美の八月踊り
5. 宮古のクイチャーと長アーグ             13. 歌掛けの技法と実習
6. 伝統的民謡と、ポップス               14. 奄美の島唄とは何か
7. 沖縄の神歌、海神祭のウムイとクェーナ        15. まとめ。島々の歌から学ぶこと
8. 沖縄の神歌、ウマチー行事のウムイとクェーナ       定期試験
 
 
 
 
 
 
 
 
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
毎回、復習により「本日のポイント」を3〜5項目、箇条書きで記入して提出すること。適宜、ノート提出を求める。
 
■成績評価の方法・基準
【方法】
期末に100点満点の筆記試験を行い、評定の基礎点とする。また平常点として「本日のポイント」の提出に対して1回につき0.7点を加算する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
配布する
テキスト
教員の指示による。
参考文献
教員の指示による。
←戻る