沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
48292
(47281)
琉球音楽論B(琉球音楽論・後期) 2(4) 後期(通年) 講義
受講年次 担当教員名
音楽表現専攻3〜4年次、音楽文化専攻2年次、琉球芸能専攻2〜4年次(音楽学専攻2〜4年次) 金城 厚
■テーマ
琉球古典音楽の理論‥‥音楽様式の理解と実践への展望
■授業の概要
沖縄音楽の全体についての基礎的な知識を得るための科目である。とりわけ、琉球古典音楽の4つの様式を理論的に把握する。また、舞踊や組踊と音楽との関係、琉球箏曲、琉球王府の儀式楽としての路次楽・御座楽についても学ぶ。
 
■到達目標
・琉球古典音楽の4つの様式の特徴や互いの違いについて、歌詞の形式と内容、また音階やリズム、楽式構造などの点からそれぞれどのように違うかを簡潔なことばで説明できること。
・舞踊、組踊と音楽の関係を理論的に理解していること。
・琉球箏曲の音楽理論について、また御座楽、路次楽、王府オモロについて、概要を説明できること。
 
 
■授業計画・方法
1. 御前風様式の歌詞                 9. 口説様式の歌詞とリズム、音階
2. 御前風様式の音楽的要素、音階、リズム、速度   10. 箏曲の歴史、俗箏と琉球箏:段物、御船歌と歌物
3. 御前風様式の音楽構造、舞踊との対応関係      11. 箏曲の調弦法と音階
4. 昔節様式の歌詞と音楽的要素、音階、リズム、速度 12. 王府オモロ、御座楽(御庭楽)と路次楽
5. 昔節様式の音楽構造と女踊との関係        13. 古典と民俗:雑踊「花風」の世界
6. 二揚様式の歌詞と音楽的特徴           14. 古典と民俗:女踊「かせかけ」の世界
7. 二揚様式と組踊における音楽の用法        15. まとめ。古典音楽と現代の音楽
8. 組踊りの音楽様式                  定期試験
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
毎週、復習により、「本日のポイント」を3〜5項目、箇条書きで記入して提出すること。適宜ノート提出を求める。
■成績評価の方法・基準
【方法】
期末に100点満点の筆記試験を行い、評定の基礎点とする。また平常点として「本日のポイント」の提出に対して1回につき0.7点を加算する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
配布する
テキスト
教員の指示による。
参考文献
教員の指示による。
←戻る