沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
48412 音楽企画実習B 1 後期 演習
受講年次 担当教員名
全専攻4年次 〇神谷武史、谷本裕
■テーマ
ホール・劇場を支える、舞台技術を概観する。
■授業の概要
奏楽堂スタッフの協力を得て、奏楽堂の音響・照明機材の機能、操作の実状を学ぶ。また、学外の劇場・ホールの視察体験と研究を通じ、大道具・小道具・美術・衣装など実演を支える様々な業務について、可能な限り、触れさせたる。視察先は原則、近隣地に限定。官民の劇場、ホール、イベントスペースなどを視察し、特性を記録、文字化する。事情が許せば、放送局、スタジオなども訪問したい。
■到達目標
・実演芸術や芸能を支える舞台技術のその歴史や、さまざまな業務について十分、説明ができる。
■授業計画・方法
1.劇場の歴史−欧米
2.劇場の歴史−日本
3.劇場の歴史−琉球・沖縄
4.舞台技術総論
5.奏楽堂(1)照明
6.奏楽堂(2)音響
7.奏楽堂(3)ステージマネジャーの仕事
8〜14. 以下の劇場などの訪問を、相手方と計画、交渉のうえ、実現したい(時機についても要相談)
・国立劇場おきなわ (同劇場主催のバックステージツアーに参加する可能性も要検討)
・沖縄市民小劇場あしびなー
・沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)
・がらまんホール(宜野座村)
・琉球新報ホール
・アトリエ銘苅ベース、ひめゆりピースホール、赤田アルテホール

15.まとめ(終了後の作業と評価) 実施試験は実施しない。課題をレポートで課す。
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
(1)施設視察など参加は必須(2)それら活動に要する際の交通費など費用は自己負担である。一部日程を不定期開催とする場合がある
■成績評価の方法・基準
【方法】
(1)実習のクラス出席状況50%(2)各回のレポート20%(3)期末レポート30%
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
テキスト
参考文献
←戻る