沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
51138
(42261)
舞台語発音演習D(舞台語発音演習 露語) 1、(2) 後期(後期) 演習
受講年次 担当教員名
音楽表現専攻声楽コース及びピアノコース1・2年次
(声楽専攻3・4年次)
アスタナエヴァ・アリーナ ・(c)山内 昌也
■テーマ
舞台用のロシア語発音の習得
■授業の概要
ロシア語におけるアルファベットを学び、その発音の練習をする。ロシア語が読めて、発音できるようになったら、実際にロシア語の声楽作品を歌う。
■到達目標
ロシア語の読み方・発音を習得し、ロシア語の曲が歌えるようになる。
 
■授業計画・方法
1. アルファベットの紹介、母音の発音
2. 子音の発音(その1)
3. 子音の発音(その2)
4. 子音の発音(その3)
5. ロシア民謡を聴いて、歌詞を覚える
6. 子音の発音、単語の発音@
7. 子音の発音、単語の発音A
8. 子音の同化(その1)特殊な発音
9. 子音の同化(その2)特殊な発音
10. ロシア民謡を聴いて、歌詞を覚える
11. ロシア歌曲・アリアによる実践的演習1
12. ロシア歌曲・アリアによる実践的演習2
13. ロシア歌曲・アリアによる実践的演習3
14. ロシア歌曲・アリアによる実践的演習4
15. 伴奏合わせ   定期試験を行う

※演習には次のロシア歌曲を用いる(11〜14の演習では、アリーナ・山内が共同で担当する)
チャイコフスキー「ミニヨンの歌」
ラフマニノフ「リラ」
グリンカ「炎は血に燃えて」
各履修生の希望するロシア歌曲、アリア
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
教材の歌詞を予習・復習すること。
隔年開講。
■成績評価の方法・基準
【方法】
平常点を30%、定期試験を70%として、評価する。
アルファベットの発音とロシア語の歌詞を読めること。発音の正確さも評価の対象とする。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
教員の指示による。
テキスト
教員の指示による。
参考文献
教員の指示による。
←戻る