沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
51275・51276 管弦楽法概論T・U 2・2 前・後 講義
受講年次 担当教員名
音楽表現・音楽文化専攻2〜4年次 村田 昌己
■テーマ
管弦楽法の習得と編曲実習
■授業の概要
本講義では、管弦楽について様々な角度から概説し、更にそれで得た知識をもとに編曲実習への導入へと展開する。
■到達目標
・楽器の音色、オーケストラにおける役割等の特色を理解し、聴き分けることができるようになる。
・二管編成の管弦楽作品のスコアを読み、縦横の音楽構成を捉えることができるようになる。
・二〜三管編成の管弦楽作品をピアノスコアに圧縮することができ、オーケストレーションの特色を捉えることができるようになる。
・ピアノ独奏曲の一部を、アンサンブルや二管編成の管弦楽曲に編曲することができるようになる。
■授業計画・方法
・個々の楽器性についてメカニズム・発達の歴史・奏法などについて学ぶ。
・得た知識を元に、編曲の実習を行う。
・弦楽四重奏曲からピアノ曲へ、ピアノ曲(断片)から弦楽四重奏曲へ、ピアノ曲(断片)から木管五重奏曲へ、ピアノ曲(断片)から管弦楽曲へ編曲実習を行う。
・弦楽四重奏曲と木管五重奏の試演を行い、音の鳴り方を確認する。
・スコアを仕上げ課題提出する。

1.ガイダンス。スコアリーディング。オーケストラの編成と規模について。
2.弦楽器の特色とアーティキュレーション
3.弦楽四重奏曲とピアノ編曲版との比較
4.弦楽四重奏または弦楽合奏の曲(断片)を、ピアノ曲へ編曲@分析
5.弦楽四重奏または弦楽合奏の曲(断片)を、ピアノ曲へ編曲A実習
6.弦楽四重奏または弦楽合奏の曲(断片)を、ピアノ曲へ編曲B実習
7.ピアノ編曲版を、各自で演奏して発表する。
8.弦楽四重奏曲の分析(ベートーヴェンなど)
9.ピアノ曲から弦楽四重奏へ編曲@分析
10.ピアノ曲から弦楽四重奏へ編曲Aパート分け
11.ピアノ曲から弦楽四重奏へ編曲B重ね方を考える。
12.ピアノ曲から弦楽四重奏へ編曲C実習
13.ピアノ曲から弦楽四重奏へ編曲D実習
14.ピアノ曲から弦楽四重奏へ編曲E実習
15.パート譜作成、提出。
16.前期試演会の反省、復習。
17.木管楽器、金管楽器の特色とアーティキュレーション
18.ピアノ曲(断片)から木管5重奏の楽曲へ編曲@分析
19.ピアノ曲(断片)から木管5重奏の楽曲へ編曲Aパート分け、交叉法について考える。
20.ピアノ曲(断片)から木管5重奏の楽曲へ編曲B実習
21.ピアノ曲(断片)から木管5重奏の楽曲へ編曲C実習
22.パート譜作成、提出。
23.試演、自己作品の演奏を聴いて、分析。
24.打楽器、鍵盤楽器の特色とアーティキュレーション
25.管弦楽曲のオーケストレーション分析(ベートーヴェン、モーツァルトなど)
26.ベートーヴェンのピアノ曲(断片)から管弦楽曲の楽曲へ編曲@分析
27.ベートーヴェンのピアノ曲(断片)から管弦楽曲の楽曲へ編曲A実習
28.ベートーヴェンのピアノ曲(断片)から管弦楽曲の楽曲へ編曲B実習
29.ベートーヴェンのピアノ曲(断片)から管弦楽曲の楽曲へ編曲C実習
30.ベートーヴェンのピアノ曲(断片)から管弦楽曲の楽曲へ編曲D実習、スコア提出。(定期試験は実施しない。)
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
・本講義は、講義科目でありながらスコア・リーディングの基礎の修得も含むので、課題実習が欠かせない。
・特に授業中指定した作品について、受講生自身が積極的に音楽を聴きスコアを読む習慣をつけることが肝要である。
■成績評価の方法・基準
【方法】
平常点(30%)、授業への取り組み方、課題の提出(70%)。平常点は授業への取り組み方、参加状況で総合的に評価する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
河江 一仁 (著・編著)/新総合音楽講座 8 管弦楽法概論(ヤマハ音楽振興会)
テキスト
教員の指示による。
参考文献
伊福部 昭(著)/完本 管絃楽法(音楽之友社)
ウォルター・ピストン (著)、戸田 邦雄 (翻訳) /管弦楽法(音楽之友社)
←戻る