沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
51391 音楽創作演習A 1 前期 演習
受講年次 担当教員名
沖縄文化コース・琉球古典音楽コース3〜4年次 金城 厚
■テーマ
「琉球古典音楽」から発した新しい楽曲の創作
■授業の概要
新しい琉球音楽を創造するための基礎的な学びと、作曲作品の習作を試みる授業である。
琉球古典音楽の構造理論を学び、これを基に新しい楽曲の創作を実習する。古典音楽の様式の延長線上での作曲法を学ぶ。
■到達目標
琉球古典音楽の構造理論や作曲技法を理解し、それを正しく使った作品を作り、自ら演奏して発表する。
■授業計画・方法
1. 《かぎやで風節》の分析
2. その他の御前風様式の曲の分析
3. 第1回試作(方法の提示)
4. 第1回試作結果の検討
5. 定型と非定型
6.《花風節》の分析と比較 加花
7.《稲まづん節》の分析と比較 放慢
8. アゲとサゲの技法
9. 第2回試作(方法の提示)
10. 第2回試作結果(前半の検討)
11. 歌唱旋律の検討
12. 歌詞の検討
13. 第2回試作結果(後半の検討)
14. 作品全体の検討。工工四の書法
15. 演奏の確認
  試演会(専攻内公開)
 
 
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
自習として、授業で説明された通りに自分で分析表に書き込んでみること、自分で楽譜(工工四方式)を書いてみることが不可欠である。
■成績評価の方法・基準
【方法】
7月中旬までに、自作の作品を工工四譜に書いて提出し(50%)、発表会で演奏する(30%)。また、授業で数回、宿題として課される課題の実施状況(20%)とを総合して評価する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
教員の指示による。
テキスト
教員の指示による。
参考文献
教員の指示による。
←戻る