沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
52171 楽式論AT 2 前期 講義
受講年次 担当教員名
音楽表現専攻2年次 近藤春恵
■テーマ
演奏に反映させるための基礎楽式と和声分析
■授業の概要
基礎楽節構造と三部楽式・ソナチネについて、楽曲の分析を通して形式をとらえられる様にする。
■到達目標
・音楽の諸形式について学ぶ。
・作品を形式の観点から全体をつかむことを学び、音楽を言葉で表現・説明する際に必要なキーワードをおさ
 える。
■授業計画・方法
1.ガイダンス−基礎楽式について
2.形式をとらえる〜三部形式
3.ブルグミュラー:25の練習曲より〈主旋律を聴き分け、和声分析する〉
4.ブルグミュラー:25の練習曲より〈再現部を聴き分ける〉
5.ロマン派のピアノ曲の分析〈旋律を特徴づける動機とその変形〉
6.和声で聴き取る〜楽曲の調性構造と和声分析 
7.チャイコフスキー:子供の為のアルバム〈ソプラノとバスの進行〉をとらえる
8.チャイコフスキー:子供の為のアルバム〈内声部の動きと副次的動機の絡み合い〉
9.「展開」という発想〜ソナチネ―ソナタ
10.ベートーヴェン:《レオノーレ》序曲第3番(ピアノ版)〈二つの主題の山を聞き分ける〉
11.モーツァルト:《魔笛》の分析
12.近代の音を聴き取る〜カバレフスキー:子供の為の小品 
13.舞曲の形式〈三部形式〉の応用
14.ロマン派の小品
15.三部形式、ソナチネ形式のまとめ(定期試験は実施しない。)
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
平易な楽曲を中心に講義を進めるので、事前に指定された楽譜を読んでおく予習が肝要である。授業の一部を集中講義とすることがあるので、掲示に注意すること。
■成績評価の方法・基準
【方法】
平常点4割、提出物3割、筆記小テスト結果3割の配点比で成績を総合的に評価する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
指導教員が配布する。
テキスト
「楽式論」石桁真礼生著(音楽之友社)モーツチャイコフスキー子供の為のアルバム、
ブルグミュラー25の練習曲、ソナチネ・アルバムT
その他担当教員が適宜配布する。
参考文献
指導教員の指示による。
←戻る