沖縄県立芸術大学
音楽部&大学院(修士課程)音楽芸術研究科 シラバス

科目コード 授業科目名 単位数 学期 授業区分
52233 副科合唱AT 1 前学期 実技
受講年次 担当教員名
音楽表現専攻ピアノコース・弦楽コース・管打楽コース・作曲理論コース2年次 山内昌也
■テーマ
各自のパートを正しく歌い、混声合唱の響きを楽しむ。
■授業の概要
カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」を始め、クラシック音楽の伝統的な声楽アンサンブル作品、及び日本作品、合唱の世界的愛唱作品を取り上げ、一緒に歌う喜びを感じさせる。
今年度は洋楽定期公演で演奏するカール・オルフ作曲「カルミナ・ブラーナ」を取り上げる。
■到達目標
・合唱演奏の喜びを感じさせる。
・リズムや音程を正しく歌唱できるようにする。
・各自のパートを他のパートに惑わされず歌えるようにする。
・合唱を通して、教育的実践能力の育成を図る。
■授業計画・方法
1.オリエンテーション、"O Fortuna"歌詞の読みと音取り。
2."Fortune plango vulnera"歌詞の読みと音取り。
3."Veris leta facies"歌詞の読みと音取り。
4."Ecco gratum"歌詞の読みと音取り。
5."Floret silva"歌詞の読みと音取り。
6."Chramer,gib die varwe mir"歌詞の読みと音取り。
7."Swaz hie gat umbe""Chume,chum,geselle min"歌詞の読みと音取り。
8."Were diu werlt alle min"歌詞の読みと音取り。
9.「夢見たものは」の歌詞の朗読、及びリズム読み。各パートに分かれて音取り、その後合唱。
10.「落葉松」の歌詞の朗読、及びリズム読み。各パートに分かれて音取り、その後合唱。
11〜15.上記の曲を曲想に相応しい表現を意識させながら歌わせる。 定期試験を行う。
■履修上の留意点(授業以外の学習方法を含む)
予習・復習をしっかりと行い、なるべく早目に譜読みを終わらせる事。通常の授業時間以外の補講練習もあるので、掲示に注意すること。
■成績評価の方法・基準
【方法】
定期試験(各パート2、3名ずつで合唱させ、音程、発音、リズムが正しく歌えているかを試験する)70%、授業態度30%で評価する。
【基準】 到達目標を観点として、履修規程に定める「授業科目の成績評価基準」に則り評価する。
■教科書・参考文献(資料)等
教科書
カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」
テキスト
教員の指示による。
参考文献
カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」以外の楽譜は、授業担当教員が用意し、
準備出来次第、配布する。
←戻る