美術工芸学部

教育研究上の目的

美術工芸学部は、伝統芸術文化の継承と創造的芸術の表現を専門的かつ横断的に教授研究して、優れた芸術家をはじめとする社会的に活躍できる人材を育成し、もって幅広い芸術文化の発展に貢献することを目的とする。(学則第2条の2)

卒業生には、学士(芸術)の学位を授与します。卒業後は、それぞれの専門分野にしたがって作家活動、大学院への進学、公務員、教員及び関連企業等への就職など各自の修得した造形能力および文化的見識を社会の多方面の分野で発揮していくことが期待されます。

また、教員を希望する者は、教育職員免許法に定められた所定の単位を修得すれば、中学校教諭1種免許状(美術)と高等学校教諭1種免許状(美術、工芸)を取得することができ、博物館学課程所定の単位を修得すれば、学芸員の資格を取得できます。

美術学科

美術学科は、絵画専攻彫刻専攻芸術学専攻とに区分され、造形芸術の基本となる分野についての教育研究を目的としています。

デザイン工芸学科

デザイン工芸学科は、デザイン専攻工芸専攻とに区分され、生活に関わる造形芸術についての教育研究を目的としています。

本学科はデザイン専攻工芸専攻とに分かれた教育課程となっていますが、沖縄における伝統工芸との関係からデザインと工芸の関連性にも配慮した教育に特色をおいています。

学部長より

[写真]波多野 泉

自由な精神を礎に人間性を表す芸術活動は、優れて人間らしい営為です。先史の洞窟画や縄文の造形が物語るように、古より芸術は人の生活と共にありました。そして、今日の高度情報化社会においては、今まで以上に、人には豊かな感性や自然観が求められます。したがって芸術諸領域に携わる者には、今後ますます社会的役割が期待されると同時に、責任ある場面も増してくることでしょう。

美術工芸学部では、将来、作家や研究者、教育者として世界に貢献できる人材の育成を念頭に、個性を尊重した少人数教育を行っています。その中で、美術を志す人に求められる多様な価値観への理解と、多角的な視点の獲得を共に目指します。

現代の高度なICT社会にあっては世界の平準化は進むばかりです。だからこそ美術の多様性、独創性の源である、既存の価値観に囚われない批評的精神を、生涯を通して更新し続けたいものです。

何よりも、他者や異文化を受容し個性ある優れた文化芸術を創造してきた沖縄の歴史と、都市部にあっても自然の変化を間近に感じることができる沖縄の環境が、美術を志す人に必要な柔軟でタフな精神を育んでくれるに違いありません。

美術工芸学部長  波多野 泉はたの いずみ

美術工芸学部の教育方針

沖縄県立芸術大学美術工芸学部では、沖縄の伝統に根差した美術工芸はもちろん、造形芸術に新たな地平を切り拓き、自ら社会的役割を見出せる作家や研究者などの専門家の養成をめざします。

高い技術や専門知識、総合的かつ国際的な視野を身につけ、次代を担う個性的で優れた人材を育成します。

アドミッション・ポリシー

  • 造形芸術の制作や研究に主体性を持って積極的に取り組むことができ、優れた感性と個性を持つ人。
  • 将来、作家や研究者など美術工芸の専門家となる基礎的能力と意欲のある人。
  • コミュニケーションを大切に考え、美術工芸と社会との関係のあり方を追究できる人。
  • 沖縄固有の芸術文化や自然等に関心があり、沖縄で学ぶことに意義を見出せる人。

カリキュラム・ポリシー

  • 1年次から専門分野の教育を行い、基礎的な力を養うことから大学院進学につながる高度な内容までを段階的に修得します。
  • すべての分野に共通し、また専門分野に関連する技術や理論を幅広く身に付ける教育を行います。
  • さまざまな表現技法を自由に学べる環境を整え、学生の個性を尊重する教育を行います。
  • 多様な現代社会における美術工芸の役割を認識し、地域との連携を図り、社会との関係を学びます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

大学ディプロマ・ポリシーを基本に、学生個々の感性とそれぞれの専門分野における造形力や学習能力、知識・技術の深度、卒業後も主体的に研究を継続できる能力等を総合的に評価し、学士(芸術)の学位を授与します。

美術工芸学部開設授業科目

必修科目(主要科目)

絵画専攻 彫刻専攻 芸術学専攻
  • 造形基礎
  • 日本画I~IV
  • 油画I~IV
  • 絵画特論I・II
  • 古美術研究
  • 造形基礎
  • 彫刻I~IV
  • 彫刻特講I・II
  • 古美術研究
  • 造形基礎
  • 実技研究
  • 美学特講A・B
  • 芸術学特講A・B
  • 日本美術史特講
  • 東洋美術史特講A・B
  • 西洋美術史特講A〜D
  • 学外研究
  • 卒業論文
デザイン専攻 工芸専攻
  • 造形基礎
  • デザインI
  • デザインIIA・IIB
  • デザインIIIA・IIIB
  • デザインIV
  • デザイン特別実習
  • 学外研究
  • 造形基礎
  • 工芸I
  • 工芸II
  • 陶芸I〜III
  • 窯業科学
  • 陶芸特別実習
  • 染I〜III
  • 織I〜III
  • 織維科学
  • 染色科学
  • 染織特別実習
  • 漆芸I〜III
  • 漆芸科学
  • 古美術研究

選択科目

専門関連科目
  • 芸術学
  • 現代芸術論A・B
  • デザイン論
  • 工芸論
  • 芸術心理学
  • 絵画史
  • 彫刻史
  • デザイン史
  • 工芸史
  • 書道史
  • 文様論
  • 美術解剖学
  • 建築史
  • 図学A・B
  • クラフトデザイン計画
  • プロダクトデザイン論
  • ビジュアルデザイン論
  • 知覚伝達論A・B
  • 環境造形論
  • 色彩論
  • 人間工学
  • 陶磁史
  • 染織工芸史
  • 生活造形論
  • 装飾論
  • 図法及び製図
  • 漆芸論
  • 金属実習
  • CG基礎
全学教育科目 資格課程
  • リテラシー科目
  • 一般教養科目
  • 芸術教養科目
  • 沖縄の文化に関する科目
  • 健康・運動科目
  • 教職課程
  • 博物館学課程
全学教育センターを参照

自由科目

自由科目
  1. 絵画
  2. 彫刻
  3. デザイン
  4. 工芸
  5. スクリーン印刷
  6. 写真演習
  • 1〜4については教育職員免許状取得希望者は必修