本文へ移動

音楽文化専攻

音楽を深く知って、社会とつながる

専攻概要

教育課程の概要

音楽文化専攻では、沖縄をはじめ日本やアジア、世界中のさまざまな音楽や芸能とその文化的脈絡について学問的に理解し、自らのことばで的確に表現する力を身につけます。

講義、実技科目によって音楽文化に関する歴史や理論、実践を幅広く学ぶとともに、演習、実習科目によって専門的能力を高め、沖縄県内のみならず国内外で音楽と社会の架け橋となる人材の育成を目指します。

卒業後は、アートマネジメントのエキスパート、教員、地域の指導者、音楽関連および一般企業への就職、大学院への進学等、幅広い進路が選択可能です。

[写真]教室での学生と教員の集合写真

教員からのメッセージ

沖縄で 音楽と文化に 出会って学ぶ

古琉球時代以来、世界各地から人とモノが集まる文化交流の場・沖縄で、音楽文化専攻は五感で身につけた学力を基に、沖縄県内外の音楽文化振興と社会貢献に寄与する人材を育成します。音楽学コースでは、西洋、日本、アジア・太平洋の「文化としての音楽」を深く理解し、ことばで発信します。沖縄文化コースでは、琉球音楽・芸能の基礎や舞台制作の知識を身につけ、ホール等での実習により実践的にアートマネジメントを学びます。

教授 小西 潤子


音楽文化を沖縄で学ぶ(受験生への講義紹介)

入子踊りの復元

沖縄県立芸術大学 音楽学部 音楽文化専攻
金城厚名誉教授・神谷武史講師

講義紹介「入子踊りの復元」

サウンドスケープ論

沖縄県立芸術大学 音楽学部 音楽文化専攻
小西潤子教授

講義紹介「サウンドスケープ論」

卒業生インタビュー

宜寿次 幸恵(ぎすじ ゆきえ)さん

音楽学部音楽学科 音楽文化専攻 音楽学コース
(旧音楽学専攻 音楽学コース卒)
音楽プロデューサー
現在、(株)シュガートレインにて映像・舞台制作プロデュースなどを手がける。

活躍する卒業生(3)宜寿次 幸恵さん

   ページの先頭へ移動