沖縄県立芸術大学
沖縄県立芸術大学 開学30周年「つくる、つなげる30年。」
学部・研究科・附属機関等

琉球芸能専攻

世界でただひとつ、本学だけの教育研究分野

琉球芸能専攻概要

歌の島、沖縄。芸能の島、沖縄。アジア諸国に伝え継がれてきた伝統芸能のエッセンスを、今に伝える沖縄。その沖縄ならではの教育研究分野が、本学の「琉球芸能専攻」。各コースでは理論的・学問的な研究と共に専門実技の向上もはかり、音楽学部あげての定期公演、学生の自主的企画・運営による学内演奏会、卒業予定者の中から選抜された学生による卒業演奏会等、その成果を発表する機会が数多く設けられています。また、能や歌舞伎など沖縄以外の文化芸能鑑賞や舞台裏見学などでさまざまな刺激を受け、自らの学びの幅を広げる学外研究は、音楽学部では本専攻だけの実践的・体験的学習です。本専攻卒業生たちは、本学で培った専門知識と技能を糧に、演舞・演奏など専門実技の実演及び教育指導や、大学院修士課程・博士課程での研究のほか、劇場マネジメント、行政、観光など、多彩な分野で活躍しています。

[写真]定期公演の様子

卒業生インタビュー

嘉数 道彦 かかず みちひこ さん

音楽学部音楽学科 琉球芸能専攻卒

琉球舞踊家・演出家

現在、国立劇場おきなわ芸術監督を務める。

卒業生の声

仲尾 勝成 なかお かつなり

2014年
大学院舞台芸術専攻琉球古典音楽専修 修了

[写真]仲尾 勝成

私がこの沖縄県立芸術大学に入学したきっかけは、中学生の頃に伯父の独演会で鑑賞した芸大男性有志の演舞でした。その衝撃が忘れられず、すぐに野村流古典音楽師範であった伯父の研究所に通い日々三線の稽古に励みました。高校生の頃、古典音楽の新人賞を受賞したことで本格的に芸大を目指し取り組んできました。その甲斐あって、憧れの芸大に入学することができました。

芸大では、主科である歌三線を教員とマンツーマンで授業を受けることが出来る琉球古典音楽実技をはじめ、同じ流派の仲間と一緒に学べる地謡実技、また3年次からは立方と地謡が一緒になって舞踊や組踊を学ぶ総合実習など、充実した実技のカリキュラムは大変魅力的です。また、定期公演や学内演奏会などの舞台経験は、技芸の向上に非常に役立ちました。さらに、講義では琉球音楽論や琉球芸能史など芸能においての基礎知識や理論、また副科実技ではさまざまな関連楽器を学ぶことで、琉球芸能に対する視野が広がりました。

芸大で学んだ6年間、そして芸大で出会えた仲間たちは、私にとって非常に大きな財産です。芸大で培った技と知識、そして多くの人脈はこれからの芸能人生において、何にも変え難い宝となると確信しています。

宮城 紫乃 みやぎ しの

2011年
大学院舞台芸術専攻琉球古典音楽専修 修了

[写真]宮城 紫乃

私は、琉球箏曲の師範をしている祖母の影響で幼い頃から琉球箏曲を習い始めました。しかし、中高校生の時は部活動を中心とした学生生活を送っていたため、本学に入学したときは他の学生より一歩遅れたスタートでした。そんな私に先生方は、わかりやすく丁寧に指導してくださり、主科である琉球箏曲はもちろんのこと、それ以外にも胡弓や太鼓などの琉球楽器、関連邦楽実技として生田流箏曲も学ぶことができました。また、これら実技の他にも沖縄の歴史や琉球芸能史、音楽理論なども学ぶことができ大きく視野を広げることができました。

そして、大切な仲間でありライバルでもある同級生とは、総合実習という地謡と立ち方との実践的な合同授業や学内演奏会、定期演奏会などを通して互いの技術向上と同時に、絆を深めることもできました。

これらの経験は、今後の私にとって大きく役立つことでしょう。このような素晴らしい環境で学べたのは、県立芸術大学だからだと確信しています。

琉球古典音楽コース

アドミッションポリシー

沖縄の伝統音楽に興味があり、その音楽の実技と理論を探究したいという情熱と意欲を持つ人を求めています。

カリキュラムポリシー

歌三線と琉球箏曲を主科とし、主科科目をさらに深く理解し豊かに解釈・演奏するための科目が用意されています。

[写真]学内演奏会 舞踊地謡学内演奏会 舞踊地謡

主科科目

歌三線
野村流と安冨祖流のいずれかの伝統的な技法を、原則として個人指導で学びます。
琉球箏曲
琉球箏の演奏技法と歌の個人指導を受けます。
  • いずれの専門でも、独唱の他、各種公演での地謡(伴奏)のため地謡実技と総合実習という実践的な学習も行います。

関連邦楽実技

歌三線の学生は長唄三味線、琉球箏曲の学生は生田流箏曲を履修します。琉球音楽とは異なる音楽を実際に体感することで、琉球音楽への理解がさらに深まり、学生ひとりひとりの中にある琉球音楽の世界が広がります。

科目 1年次 2年次 3年次 4年次 単位数 総計
専門教育科目 必修科目 琉球古典音楽実技I 琉球古典音楽実技II 琉球古典音楽実技III 琉球古典音楽実技IV 68 124
地謡実技I 地謡実技II 総合実習I 総合実習II
  卒業演奏
  副科琉舞実技I 副科琉舞実技II  
創作基礎演習I 関連邦楽実技 学外研究  
琉球音楽論、琉球芸能史、日本・東洋音楽通史、詞章研究  
選択科目 副科実技、アジア楽器法、西洋音楽理論、音声学 他
(その他、自由科目、教職課程および博物館学課程科目)
12〜
専門基礎科目
共通教育科目 共通基礎、語学、健康運動科目 全学教育センターを参照 12〜
総合教育科目 全学教育センターを参照 16〜
  • その他、自由科目、教職課程および博物館学課程科目

琉球舞踊組踊コース

アドミッションポリシー

沖縄の伝統芸能に興味があり、琉球舞踊と組踊の実技と理論を探究したいという情熱と意欲を持つ人を求めています。

カリキュラムポリシー

舞踊と組踊を専門的に学び、あわせて副科実技や扮装、他芸能との比較研究など、幅広い視野で琉球芸能を学びます。

[写真]学内演奏会 古典舞踊「本嘉手久」学内演奏会 古典舞踊「本嘉手久」

主科科目

1年次・2年次
舞踊および組踊の基礎を学びます。
3年次以降
舞踊、組踊を専攻として深く学びます。

副科実技

歌三線や太鼓などの副科実技を通じて、舞踊と音楽の密接な関係を学び、舞踊、組踊の勉学に厚みを加えます。

扮装法

舞台用の結髪、化粧、着付けなど、実践的な技術を学びます。

関連楽劇実技および舞踊創作研究

琉球歌劇研究のほか、能楽、日本舞踊等と琉球芸能との比較研究を行うことで、琉球舞踊組踊への新しい視点を得ます。

科目 1年次 2年次 3年次 4年次 単位数 総計
専門教育科目 必修科目 実技系 琉球舞踊組踊実技I 琉球舞踊組踊実技II 琉球舞踊組踊実技III 琉球舞踊組踊実技IV 74 124
    琉球舞踊組踊第2実技 琉球舞踊組踊第2実技
    総合実習I 総合実習II
副科歌三線I 副科歌三線II    
扮装法I 扮装法II    
  関連楽劇実技I 関連楽劇実技II  
  舞踊創作研究I    
  卒業演奏
講義系 詞章研究I・II、琉球芸能史、
琉球芸能論、日本・東洋音楽通史
学外研究  
選択科目 副科実技、舞踊創作研究II、アジア楽器法、音声学、身体表現演習 他
(その他、自由科目、教職課程および博物館学課程科目)
12〜
専門基礎科目
共通教育科目 共通基礎、語学、健康運動科目 全学教育センターを参照 12〜
総合教育科目 全学教育センターを参照 16〜
  • その他、自由科目、教職課程および博物館学課程科目
現在のページ
  1. ホーム
  2. 学部・研究科・附属機関等
  3. 音楽学部
  4. 琉球芸能専攻
大学概要
学長あいさつ
建学の理念
大学概要
大学のあゆみ
大学の組織
教員総覧
国際交流
附属施設
大学刊行物
学年暦
学部・研究科・附属機関等
美術工芸学部
音楽学部
大学院
全学教育センター
附属研究所
附属図書・芸術資料館
入試案内
美術工芸学部
音楽学部
大学院
資料請求
イベント情報
オープンキャンパス
展覧会・展示会
演奏会
ワークショップ/公開・文化講座
学内外のみなさまへ
県民・一般のみなさまへ
在校生のみなさまへ
卒業生のみなさまへ
企業のみなさまへ
アクセス
アクセスMAP
お問い合わせ
窓口一覧
お問い合わせフォーム
よくある質問とその答え
教員採用
美術工芸学部
音楽学部
附属研究所

沖縄県立芸術大学

TEL:
098-882-5000(代表)
FAX:
098-882-5033
© Okinawa Prefectural University of Arts.
首里当蔵キャンパス:
〒903-8602 沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
首里金城キャンパス:
〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町3-6
首里崎山キャンパス:
〒903-0814 沖縄県那覇市首里崎山町4-212-1
国公立五芸術大学