沖縄県立芸術大学
沖縄県立芸術大学 開学30周年「つくる、つなげる30年。」
学内外のみなさまへ

地域貢献

かつて象牙の塔と呼ばれた大学に、近年は地域貢献の役割が求められています。沖縄県立芸術大学は蓄積された芸術的資産、能力を県民に還元することが県立大学としての責務です。美術工芸学部、音楽学部、附属研究所の教員はいままで様々な地域貢献の活動を行ってきましたが、これを整理して大学としての姿勢をひろく社会に示します。なお公開講座については平成26年度の取組みを掲載し、地域貢献、地域連携は過去3カ年のおもな実績を収めてあります。

本学の地域貢献活動

[チャート]本学と地域社会とのかかわり

地域貢献プロジェクト

那覇市立病院
100点の絵画展示計画

[写真]那覇市立病院 100点の絵画展示計画

組織
絵画専攻
期間
2012年9月〜現在
場所
那覇市立病院内・同健診センター内
後援
那覇市立病院(支援・後援)
備考
絵画専攻の地域貢献
概要
絵画専攻では、那覇市立病院との共同研究の一環として、医療空間におけるホスピタリティー(思いやり・心からのもてなし)をテーマに、その空間創出の効果を確かめる目的で、2012年から3年間をかけて病院内に100点の絵画(平面)作品を展示するプロジェクトを行なっています。活動も今年で3年目に入り、油絵、日本画、版画、写真など、エネルギーあふれる学生の作品を中心に病院内を彩っています。

テラコッタ手びねり教室

[写真]テラコッタ手びねり教室

組織
彫刻専攻:早川 信志(助手)/3年生:石川 清也、稲嶺 春菜、上田 桃子、大西 一輝/2年生:翁長 瞳、田中 廉士
期間
2014年11月15日〜2014年11月16日
場所
北中城村大城区
後援
スージグヮー美術館実行委員会(支援・後援)
概要
テラコッタ彫刻を北中城村内に設置する「彫刻カジマヤー計画」が10年の節目を迎えた記念として、同村大城区で開催される「第12回スージグヮー美術館」に参加しました。北中城村の方々にテラコッタ彫刻を知っていただくために、彫刻専攻の学生が主体となって「小物販売」「新作発表会」「手びねり教室」を行いました。手びねり教室では30名の参加があり、粘土と触れ合うことによってテラコッタの楽しさを伝えることができました。できあがった作品は焼成したのち、参加された方々へお渡ししました。

特別対談
「アートにおける都市とその辺境」

[写真]特別対談 「アートにおける都市とその辺境」

組織
沖縄県立芸術大学・女子美術大学 教育・学術交流締結記念大学院作品展
期間
2014年9月12日
企業
附属図書・芸術資料館1階 多目的室
出演
土屋 誠一、南嶌 宏(女子美術大学)
概要
平成24年度の両大学院における「教育・学術交流協定」締結に伴い、同年9月には女子美術大学にて記念展を開催しました。今年度は、沖縄県立芸術大学にて両大学院の交流や、学生としての幅広い視野での育成、学習意欲の向上などを目的として開催した作品展の関連イベントとして、「アートにおける都市とその辺境」という演題で、本学の土屋 誠一准教授と女子美術大学の南嶌 宏教授が特別対談を行いました。

コンビニ新商品飲料
「ココくま君のホワイトウォーター」 商品企画とデザイン提案

[写真]コンビニ新商品飲料 「ココくま君のホワイトウォーター」 商品企画とデザイン提案

組織
デザイン専攻
期間
2014年4月〜5月
場所
首里崎山キャンパス
後援
株式会社ココストアイースト
概要
コンビニエンスストアから商品開発の依頼をうけて、デザイン専攻3年生の10名で取り組みました。新飲料の味やネーミングの提案からパッケージデザインまでコンペティション形式で多くのアイデア提案をしました。またポスターやPOP、ラジオ広報まで幅広く関わり、夏に新製品として限定発売されました。この期間中にブランド商品企画、製造企業、広告代理店、の担当者の方々と制作をとおして関われたことは学生にとって貴重な体験になりました。

沖縄の漆を語る

[写真]沖縄の漆を語る

組織
工芸専攻(漆芸分野)
日時
2014年6月4日
 
場所
首里崎山キャンパス(多目的ホール)
支援
メイド・イン・沖縄・プロジェクト
講師
水上 修、糸数 政次
概要
沖縄の漆業界は年々、生産額が減少している。その現実をふまえて、将来どうあるべきか。トークセッションで琉球漆芸の過去から現在までの状況報告や今までの琉球漆芸の良し悪しを検討するなど、生産額の向上及び活性化を図るための打開策について語られた。参加者で改善策を見出すために、未来に向けて動くためにはという議題に沿って、グループディスカッションも行われた。本学の漆芸分野学生も参加しています。

沖縄平和祈念堂
第34回こどもまつり「こども琉球芸能奉納」

[写真]沖縄平和祈念堂 第34回 こどもまつり 「こども琉球芸能奉納」

日時
2014年5月5日
場所
沖縄平和祈念堂
支援
(公財)沖縄協会
概要
このまつりは、未来を担う子どもたちの健やかで心豊かな成長を願い、まつりを通して平和の尊さを考え学ぶことを目的として、毎年開催されています。子どもたちが琉球舞踊を奉納し、慰霊と平和の誓いを新にします。琉球芸能専攻では第24回から出演、学生たちの奉納舞踊や奉納演奏、子ども舞踊の地謡を担当しています。

平成26年度沖縄県全校種合同初任者研修「沖縄の伝統文化」

[写真]平成26年度 沖縄県全校種合同初任者研修 「沖縄の伝統文化」

日時
2014年8月15日
場所
読谷村文化センター 鳳ホール
概要
沖縄県立総合教育センターでは、毎年数百名の新任教員が採用されるにあたり、様々な研修が行われています。その一つに「沖縄の伝統文化」として鑑賞会が企画されています。琉球芸能専攻が中心となり、琉球古典音楽、琉球舞踊、組踊、琉球空手等のプログラムを構成して、解説を交えながら演舞を行っています。

おきげい出前コンサート2014 沖縄県庁・首里城公園ランチタイムコンサート

[写真]おきげい出前コンサート2014 沖縄県庁・首里城公園ランチタイムコンサート

日時
2014年4月~12月
場所
沖縄県庁ロビー 
首里城公園レストセンター首里杜館
 
概要
音楽学部は、今年度創設25年を迎えます。これを機に県内外諸機関との連携協力体制を築き、教職員・学生が一体となって展開する教育研究・地域活性化をする"OMPRO"(おき げい おんがく みらい プロジェクト)~天(てん)川原(がはら)の綾(あや)虹(のじ)~を展開し、定期公演等の記念行事化や魅力あふれる共催事業などを行っていきます。その一環として、沖縄県庁ロビー及び首里城公園内首里杜館ロビーにて学生たちによるランチタイムコンサートを開催しました。室内楽・声楽・打楽器・木管・金管・弦楽アンサンブルや、琉球古典音楽を演奏して、道行く子どもから大人までの観光客に安らぎのひとときを提供しました。

過去のおもな地域貢献活動

  • 平成25年度沖縄県全校種合同初任者研修「沖縄の伝統文化」(琉球芸能専攻
  • 「芸術鑑賞教室」普天間高校(音楽学部
  • 「人間国宝と語る 琉球のうるし・創造と未来」県立博物館・美術館(工芸専攻
  • 沖縄ファミリーマート主催 「ガクP沖縄リーグ2013」(デザイン専攻
  • 那覇空港内お土産品店の紙袋と 包装紙デザイン提案(デザイン専攻
  • 「ジュゴン変身計画」県立博物館・美術館
  • 琉球芸能公演「山原にゆらてぃ」今帰仁村コミュニティセンター(琉球芸能専攻
  • 高校生のためのクラシック音楽生演奏を聴く会(音楽学部
  • ショパンの詩情—J.S.バッハと共に(音楽学部
  • りゅうせき創立60周年記念事業「継ぐものたち」展(工芸専攻
  • 沖縄県立博物館・美術館「新春の舞」(琉球芸能専攻
  • 北中城村土器ワークショップ2010(工芸専攻陶芸コース
  • 沖縄県高等学校野外スケッチ大会(絵画専攻
  • 琉球芸能専攻有志南大東島公演「琉球舞踊の夕べ」(琉球芸能専攻
  • 美ら島沖縄総体2010開会式「公開演技・郷土芸能の部」に協力(琉球芸能専攻
  • 「那覇市文化芸術による創造のまち」支援事業:4つの人材育成プロジェクト
現在のページ
  1. ホーム
  2. 学内外のみなさまへ
  3. 県民・一般のみなさまへ
  4. 地域貢献
大学概要
学長あいさつ
建学の理念
大学概要
大学のあゆみ
大学の組織
教員総覧
国際交流
附属施設
大学刊行物
学年暦
学部・研究科・附属機関等
美術工芸学部
音楽学部
大学院
全学教育センター
附属研究所
附属図書・芸術資料館
入試案内
美術工芸学部
音楽学部
大学院
資料請求
イベント情報
オープンキャンパス
展覧会・展示会
演奏会
ワークショップ/公開・文化講座
学内外のみなさまへ
県民・一般のみなさまへ
在校生のみなさまへ
卒業生のみなさまへ
企業のみなさまへ
アクセス
アクセスMAP
お問い合わせ
窓口一覧
お問い合わせフォーム
よくある質問とその答え
教員採用
美術工芸学部
音楽学部

沖縄県立芸術大学

TEL:
098-882-5000(代表)
FAX:
098-882-5033
© Okinawa Prefectural University of Arts.
首里当蔵キャンパス:
〒903-8602 沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
首里金城キャンパス:
〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町3-6
首里崎山キャンパス:
〒903-0814 沖縄県那覇市首里崎山町4-212-1
国公立五芸術大学