喫煙場所について

受動喫煙防止対策について

喫煙が及ぼす人体への影響は、喫煙者本人の健康に重大な悪影響を与えるだけにとどまらず、非喫煙者における受動喫煙による健康への影響も懸念される状況にあります。

健康増進法第25条においても、学校を含む公共施設における受動喫煙の防止対策のための必要な措置を講じることが求められております。

そこで、学生を初め教職員及び本学利用者など多くの人が快適に過ごすことができる環境づくりを目指して、受動喫煙防止対策を次のとおり実施します。

学生初め教職員の皆様におかれましても、この対策の趣旨を理解の上、下記事項を厳守くださるようお願いします。

1.受動喫煙防止対策

学内においては、歩行喫煙及びタバコのポイ捨ては禁止するとともに、禁煙区域と喫煙可能区域を設定します。

禁煙区域

講義室・研究室・図書館・トイレなどすべての建物内及び指定された場所以外の大学敷地内

喫煙場所

あらかじめ喫煙可能と指定された以下の場所

首里当蔵キャンパス
首里崎山キャンパス
首里金城キャンパス

2.喫煙マナーの徹底

喫煙可能区域においては、吸い殻や火の始末等を徹底し、喫煙マナーを遵守するとともに、非喫煙者の受動喫煙について十分配慮願います。