柳 悦孝の絣ー沖縄の絣から造形教育へー(平成30年度沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館企画展)

展覧会概要

会期:2018年10月26日(金)~11月4日(日)

時間:午前10時~午後5時 入場無料

   (11月3日(土)は午後8時まで)

場所:沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館2階(第1~3展示室)


交通案内

※お越しの際は公共交通機関をご利用下さい。
特に11/3(土)は首里城祭の為、首里城周辺交通規制あり

主催:沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館

共催:沖縄県立附属研究所


沖縄県立芸術大学に尽力し、初代附属研究所所長であった柳悦孝(大正元~平成15)は、昭和14年~15年に日本民藝協会の同人として沖縄を訪れ、沖縄の織物について多くを学びました。戦後、柳は、国産の合成繊維ビニロンの製織や、ウール織物、さまざまな組織織物の展開に取り組み、工芸織物を完成させました。なかでも、沖縄で学んだ絣技法は、その後柳の手により展開し、独自の作風を生み出しました。本展では、当館に寄贈された柳悦孝織物作品や、女子美術大学での造形教育、沖縄及び海外の収集作品を紹介し、柳悦考のあゆみをたどります。


ギャラリートーク(展示室内にて 無料)

①10月27日(土) 13:30~15:00 柳 悦州(本学客員教授)

②11月4日(日)  11:00~15:30 柳 悦州(本学客員教授)

③11月4日(日)  14:00~15:30 新田 摂子(本学附属研究所講師)

お問い合わせ


附属図書・芸術資料館

住所:〒903-8602 沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
電話:098-882-5038
インターネット:お問い合わせフォーム