土屋 誠一

プロフィール

土屋 誠一(つちや せいいち)

所属 美術工芸学部 美術学科 芸術学専攻
最終学歴
  • 多摩美術大学大学院美術研究科(芸術学専攻)修了
取得学位
  • 修士(芸術):多摩美術大学
  • 学士(哲学):立正大学
関連職歴
  • 2001年9月 印刷博物館 展覧会企画スタッフ(非常勤)(2002年12月まで)
  • 2003年 美術評論家として執筆活動、展覧会企画、各種講演・シンポジウム出席などに従事(現在に至る)
  • 2004年4月 多摩美術大学美術学部助手(2008年3月まで)
  • 2017年10月1日~2018年3月31日 国際日本文化研究センター外来研究員
専門分野 近・現代美術史/写真論/視覚文化論
担当授業科目
共通教育科目
  • 現代芸術概論
  • 美術史
美術工芸学部
  • 西洋美術史B
  • 芸術学特講
  • 芸術学演習I・II
  • 基礎演習
  • 卒業論文
大学院造形芸術研究科(修士課程)
  • 比較芸術学特殊研究A
  • 比較芸術学特集演習I・II
  • 課題研究
大学院芸術文化学研究科(博士後期課程)
  • 比較芸術学特殊研究A
  • 芸術表現総合比較研究I

研究業績

2018年3月現在

著書

2017年
  • 『辺境芸術最前線』秋田公立美術大学(共著)
  • 『絵画検討会2016』アートダイバー(共著)
  • 『現代アート10講』武蔵野美術大学出版局(共著)
  • 『批評 前/後 継承と切断』ユミコチバアソシエイツ(共著)
2016年
  • 『TOM MAX ART WORKS 真喜志勉作品集』真喜志勉展実行委員会(共編著)
2015年
  • 『Life is like a Melody 麻枝准トリビュート』死んだセカイ戦線(共著)
  • 『拡張する戦後美術』 小学館(共著)
  • 『『美少女戦士セーラームーン』研究論集 少女マンガの表象研究会研究報告書』 少女マンガの表象研究会(共著)
  • 『キュレーションの現在』 フィルムアート社(共著)
2013年
  • 『現代アートの巨匠』 美術出版社(共著)

ほか多数

論文

2016年
  •  「一九四五以前の「沖縄美術」?」『ゲンロン』3号
2015年
  • 「人間存在の純粋性に向けて 福沢一郎「日本人はどこからきたか」及び「日本文化のあけぼの」連作について」『福沢一郎展 沖縄の子どもたちへ贈られた34点 平成26年度那覇市文化芸術ふれあい事業』
2013年
  • 「「ウォール・オブ・サウンド」としてのヴェルヴェット・アンダーグラウンド」『ユリイカ』2014年1月号
  • 「「時」のモンタージュ 東松照明論」『現代思想』2013年5月臨時増刊号
2011年
  • 「景観をめぐる時間と空間の政治学 宮本常一/写真/地図」『現代思想』2011年11月臨時増刊号
  • 「土地としての写真 阿波根昌鴻の写真について」『photographers' gallery press』10号

ほか多数

学会ならびに社会における活動

所属学会

  • 日本映像学会
  • 美学会
  • 表象文化論学会
  • 美術評論家連盟

その他