知花 均

プロフィール

知花 均(ちばな ひとし)

所属 美術工芸学部 美術学科 絵画専攻
最終学歴
  • 愛知県立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了
取得学位
  • 芸術学修士:愛知県立芸術大学
  • 教育学士:琉球大学
関連職歴
  • 1995年 琉球大学教育学部美術工芸科 非常勤講師
  • 2005年 愛知県立芸術大学美術学部油画科 非常勤講師
  • 2009年 愛知県立芸術大学美術学部油画科 非常勤講師
  • 2015年 愛知県立芸術大学美術学部油画科 非常勤講師
専門分野 平面表現/版表現(凹版、版による応用表現)
担当授業科目
美術工芸学部
  • 絵画C
  • 造形基礎
  • 油画II
  • 油画IV
  • 古美術研究
  • 絵画演習
大学院造形芸術研究科
  • 絵画研究I・II
  • 絵画課題演習

研究業績

2018年3月現在

出版によるもの

2018年3月
  • 『教職年報三号』「現代美術演習-授業構築の試論と実践記録」沖縄県立芸術大学
  • 『教職年報三号』「絵画表現の探求のための授業構築の試論と創作-複数の平面の併置による平面表現」 沖縄県立芸術大学
  • 『教職年報三号』「平版技法の原理と基礎実習の試論」 沖縄県立芸術大学
  • 『教職年報三号』「ドローイング実習の授業構築のための試論と実践報告」 沖縄県立芸術大学
2017年11月17日
  • 『九州・沖縄版画プロジェクト』九州産業大学芸術学部 九州・沖縄版画プロジェクト実行委員会
2017年9月
  • 『教職年報二号』「創作ノート 版による表現、創作における思考過程について-創作と授業-」 沖縄県立芸術大学
2013年12月
  • 版画「投影 フェンス際の夾竹桃」 版画集『2013 版と言葉 Prints and Words』限定6部 版と言葉 実行委員会
2012年1月
  • 版画「投影/文書 IEJIMA-OKINAWA 1948」 版画集『2011 版と言葉 Prints and Words』限定5部 版と言葉実行委員会

展示によるもの

2017年
  • 沖縄・臺灣藝大教員展 県立芸大附属図書芸術資料館
  • 九州・沖縄版画プロジェクト Vol.1 九州・沖縄作家展 九州産業大学美術館
2016年
  • 開学30周年記念美術工芸学部教員作品展 県立芸大附属図書芸術資料館
  • ドローイング・コミュニケーション 県立芸大附属図書芸術資料館
  • 九州・沖縄版画プロジェクト Vol.1 九州・沖縄作家展 九州産業大学美術館
2015年
  • ドローイング・コミュニケーション/県立芸大附属図書芸術資料館
  • 戦後70年記念 社会と芸術展 浦添市美術館
  • ドローイング・コミュニケーション 県立芸大附属図書芸術資料館
2014年
  • 個展「投影」 ギャラリーアトス(那覇市)
  • 九州・沖縄版画プロジェクト Vol.1 九州・沖縄作家展 九州産業大学美術館
  • “PRINTMAKING TRANSGRESSINGBORDERS”越境する版表現-東アジアの作家たちと版17展- 佐喜眞美術館(宜野湾市)
2013年
  • 版と言葉展-版画集による国際交流-(愛知芸大、サラエボ大学、タイ・キングモンクットインスティチュート) 沖縄県立芸大附属図書・芸術資料館
2012年
  • 版と言葉展-版画集による国際交流-(愛知芸大、サラエボ大学、タイ・キングモンクットインスティチュート) 沖縄県立芸大附属図書・芸術資料館
  • 沖縄—タイ国交流美術展 "Okinawa-Thailand Exchange Art Exhibition" チェンマイ大学附アートセンター
2011年
  • 沖縄・タイ国際交流展 沖縄県立芸大附属図書・芸術資料館
2008年
  • 沖縄・プリズム1872-2008展 東京国立近代美術館
  • ドローイング・コミュニケーション 沖縄県立芸大附属図書芸術資料館(以降毎年) 
2007年
  • PRINTS TOKYO 2007 国際版画展 東京都立美術館
  • 日・台芸術交流展、造形場域展(沖縄・台湾)高苑科技大學芸文中心、新思惟人文空間(台湾高雄市)
  • 開館記念展 沖縄文化の軌跡1872-2007 沖縄県立博物館・美術館
2005年
  • 沖縄 水のプロジェクト展 沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館
2004年
  • P-POINT2004 -版画6人の仕事- 沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館 (以降2005年、2006年、2008年、2010年)
2001年
  • 新世紀を開く美展 高島屋美術画廊(日本橋、横浜、京都、大阪)
1998年
  • VOCA展 -現代美術の展望、新しい平面の作家たち- 上野の森美術館
1991年
  • 県立芸大 29人展 那覇市民ギャラリー
  • 個展 ギャラリーQ(東京/以降1992年、1993年、1995年、1996年)

学会ならびに社会における活動

社会活動

2017年
  • 琉球新報 美術月評12月 1月10日文化欄
  • 琉球新報 美術月評8月 9月6日文化欄
  • 琉球新報 美術月評3月 4月5日文化欄
  • 琉球新報 美術月評3月 4月4日文化欄
2015年
  • 戦後70年記念 社会と芸術展 ギャラリートーク出演 浦添市美術館
  • 芸術講座 プロジェクト報告「版と言葉-版画集による国際交流」 愛知県立芸術大学サテライトギャラリー
2011年〜現在
  • 版画学会運営委員
  • 読谷村立美術館運営協議会委員
2011年
  • 「版と言葉展―版画集による国際交流」プロジェクトリーダー 参加4大学(愛知県立芸術大学、キングモンクット工科大学、サラエボ大学、沖縄県立芸術大学)
2009年
  • アーティストトーク 企画「版を語る」美術館講座室 沖縄県立博物館・美術館
2007年
  • シンポジウムのパネリストとして参加  「造形場域 物質興中介」主催 高苑科技大学

所属学会

  • 大学版画学会(現:版画学会)

その他

2004年
  • 『ホルベイン画家たちの美術史⑱』「知花均 南の光にかざす境界のシルエット」 美術手帳2004年7月号(143-146頁)

作品紹介

KSオマージュ この一握りの砂をも
ミクストメディア
2014年

無題 13-enc 2
エンコスティック
2013年

教員展 会場風景
(左から三点は知花作品)
2016年

境界域 00-2P
アクリル、エポキシ樹脂、パネル2枚組、シルクスクリーン
115×115cm
2000年

境界域-KINA 623
シルクスクリーン、アクリル、油彩、コーヒー、エポキシー樹脂、パネル
210×180×4.5cm
2008年

Projection map 1945 yontanzan, sakura I
エッチング、雁皮紙刷り、ハーネミューレ紙
90×60cm
2007年

羊歯植物より Projection map 1945 yontanzan
ハーネミューレ紙、雁皮紙
90×60cm
2011年

植物より エチュードより 99-14-1
65×53cm
1999年

Projection map 1945 okinawa #ecre
エッチング、ハーネミューレ紙、雁皮紙
29×21cm
2006年

植物紙碑2017
ドローイング
2017年