彫刻専攻

珊瑚の眠る石を叩くと、古(いにしえ)の詩が聞こえてきた。

アドミッションポリシー

彫刻専攻では、将来、彫刻を中心に造形芸術の様々な分野で活躍し社会に貢献できる作家、教育者などの専門家になれる人材の育成を目指します。そのために、学部アドミッションポリシーを基本に、基礎的な観察力、造形力、立体表現能力を備え、自己を深く見つめ自然や社会との関係を思索し、何よりも造形行為と自己の将来を肯定的に重ね合わせることのできる人を求めています。

カリキュラムポリシー

将来、専門家として創作活動を行うに必要な基礎学修の中で、多様な造形研究への理解を促し、豊かな感性の涵養と個性の伸長を期して、主体性・独創性を重視した教育を目指します。また、学内外での実践的体験的プログラムにおいて、学生の社会性と協働精神の育成を図ります。

学部の教育課程は、導入から専門教育まで単に造形技法の修練のみにとどまらず、将来にわたって自ら主体的にテーマを創出し、独創的な表現の探究を続けて行くための基礎的な能力育成を目的としており、教養・専門、実技・理論教育を一体的、総合的に捉えています。

教育課程の概要

彫刻専攻では、学生個々の創造能力育成に主眼を置き、1年次から3年次前学期を通して塑造、石彫、木彫、金属、鋳造、テラコッタ等の基本的な技法と理論を修得します。また、古典から近現代にいたる彫刻とその周辺の歴史を学びつつ、3年次後学期から自己のテーマに基づいて、より実践的な展示発表を前提とした制作を行い、4年次では、前・後学期ごとに明確な計画を立てて制作し卒業作品とします。

また、卒業生の8割以上は大学院へ進学しています。

教育環境

彫刻専の教室・アトリエは、1年次から大学院まで、学年を超えた共通の学修・制作現場となっており下級生は上級生との交流の中で多くを学ぶ環境にあります。

また、大学と社会との関わりを考えるため、市町村との共催による学外での演習、展覧会、シンポジウム等を行い、さらに広く国際的な視野を培ため、海外の芸術大学や卒業生の留学先等との国際交流を積極的に進めるなど、活気に満ちた教育環境づくりに専攻を挙げて取組んでいます。

学生作品と活動

卒業生の声

児玉 愛(こだま・あい)

2009年 鹿児島県立松陽高等学校 卒業
2011年 おもひでのアトリエ展(沖縄)
2012年 A-12展~松陽高校美術科12期生~(鹿児島)
2013年 彫刻専攻 卒業
大学院 造形芸術研究科 彫刻専修入学
崎山×関渡 台日彫刻交流展(台湾)
栗野駅モニュメント完成記念彫刻展(鹿児島)
彫刻の五・七・五 HAIKU sculpture 2013 ―かたちで詠む奥の細道(沖縄・宮城)
Ai Kodama - Solo Exhibition-(沖縄)

私は現在、沖縄県立芸術大学の彫刻専修2年に在籍しています。沖縄の地に来て、6回目の春を迎えました。

多様な価値観を持つ魅力的な仲間たちや先生方から日々多くの刺激を受け、共に切磋琢磨しながら制作を行っています。

限られた人生の中で、彫刻という専門的な道を極めることは私にとって自分を見つめ直すことのできる重要なプロセスです。

やり続けることは、探し続けることだと感じています。沖縄のおりなす独自な自然環境の中で、小さな感動を忘れず、残り少ない大学生活の貴重な時間を精一杯活用してさらに精進していきたいと思います。

堀 園美(ほり・そのみ)

2007年 沖縄県立芸術大学彫刻専攻 卒業
2009年 沖縄県立芸術大学大学院彫刻専修 修了
2010年 個展 ことばとは(ガレリア・グラフィカbis/東京)
2011年 個展 EMPTY SPOTは脳の中(CAMP TALGANIE artistic farm/沖縄)

感性を豊かにするということは作品づくりにとても大切なことです。そしてすべての基本でもあります。ここ沖縄は、生命の力強さに満ち溢れています。大学生活においても、南国の気候のように豊かでときに厳しい教育環境に育まれながら、作家を志す友とともに制作活動に励んだ日々は私を大きく成長させてくれました。卒業後も沖縄に拠点をおいて活動している友人や、地元に戻り制作している友人、たまに近況を知ることで互いの制作力になっています。

また人生の限られたある期間を彫刻という専門分野について学ぶという事は、経験しないと分かり得ない視界を手に入れることでもあります。それが後に彫刻でなくとも美術でなくとも、何事においても有意義なものだと信じています。私は今後も作家としてその視界にあらたな広がりを見つけようと思います。