卒業後の進路について | 就職への取り組み

就職への取り組み

造形芸術および音楽・芸能の専門教育を行う本学では、21世紀を担う若き表現者を育成することを目指す一方、芸術大学ならではの独自性や創造性を、企業、学校現場、博物館、美術館等、様々な場所が求めており、企業へ就職後、本学で学んだ専門的スキルを、余すとこなく大いに活かす卒業生も少なくありません。

本学では、就職を希望する学生に応えるため、芸術大学としての進路相談や就職ガイダンスの実施、各種セミナーに取り組んでいます。

さらに、美術、工芸、音楽の教育職員免許状や、博物館学芸員の資格も、所定の単位を履修すれば取得できますので、数多くの卒業生が、学校教育の現場や、博物館、美術館などで活躍しています。

就職支援アドバイザーの取り組み

県立芸大の大らかな環境と文化の中で育まれた、学生たちの、ものづくりに対する真摯な思いとこだわり、豊かでしなやかな感性と創造性が「自分らしい進路」で社会の中でもさらに紡いでいけるよう、一人ひとりのキャリア形成につながるきめ細かいサポートをしています。

進路サポート

卒業生の先輩達に、現在の職場で学生時代に学んだことがどのように生かされているのか、また現在の仕事に至るまで失敗談や、目標を達成して成功した時のお話などを話していただきました。

セミナーには多くの学生が参加し、今後の進路の選択に大変役に立ちましたとの感想が多数ありました。

真喜志 康一

現在の職業に至るまでの経験を話していただきました。

齋藤 嘉苗

これまで制作した飲食店の内装や本の装丁などを紹介していただきました。

就職支援コーナーおよび就職掲示板