谷本 裕

プロフィール

谷本 裕(たにもと ゆたか)

所属
音楽学部 音楽学科 音楽文化専攻 沖縄文化コース
最終学歴 京都市立芸術大学音楽研究科 修了
取得学位
  • 修士(音楽学):京都市立芸術大学
関連職歴
  • 北海道新聞社編集局文化部音楽担当記者
  • あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール(大阪)自主企画事業チーフ・マネジャー
専門分野 音楽マネジメント全般(理論と実践)、官民双方の芸術文化政策。音楽祭などの音楽事業、弦楽四重奏団など室内楽グループをはじめとする音楽組織の経営、とりわけ意思決定システムの研究
担当授業科目
音楽学部
  • 音楽文化入門B
  • 英語文献購読A
  • アートマネジメント概論
音楽芸術研究科
  • アートマネジメント演習

研究業績

2016年4月現在

新聞記事

1998年8月
  • 「改革の序奏 PMFの課題」上・中・下 北海道新聞夕刊文化面
1998年6月
  • 激動超えた伝統の響き ゲバントハウス管弦楽団創立255年 北海道新聞夕刊わいどかるちゃー
1998年4月
  • 音に刻んだロシアの苦悩-ロストロポーヴィチ芸術監督に聴く 北海道新聞夕刊ワイドかるちゃー面
1997年12月
  • 「Kitara(キタラ)へ さらなる望み」全7回 北海道新聞夕刊文化面
1997年10月
  • 音楽に普遍の美を求め」-伊福部昭に聞く 北海道新聞夕刊文化面

公演など企画・制作

2012年12月
  • 真実の響き-18・19世紀フルートリサイタル 榎田雅祥(フルート)&上野真(フォルテピアノ) 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
2012年11月
  • 三原剛が語る「イノック・アーデン」 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
2010〜15年
  • Osaka Guitar Summer 2010 〈福田進一と仲間たち〉 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール ※事業継続中
  • パーカッション・トゥデイ 〈中村功と仲間たち〉
2008年3月〜2016年
  • フェニックス・オーサカ=弦楽四重奏を志す若者のための自由塾 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール ※事業継続中
2005年10月
  • 髙木和弘 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル 文化庁芸術祭新人賞 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
2005年6月
  • 王宮のバロックダンス-ドイツ・フランスの華麗なる宮廷舞曲 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
2005年4月
  • デームス・オン・フォルテピアノ 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
2001年9月
  • レクチャーコンサート「響きの森 ジャワ・ガムランの現在形」 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
2001年6月
  • レクチャーコンサート「正倉院復元楽器を聴く」 於:大阪・あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール

学会発表

2013年12月
  • 「エンパワーメント音楽祭」としての大阪クラシック 日本音楽芸術マネジメント学会第6回冬の研究大会 於:昭和音楽大学(川崎市)
2012年12月
  • 武満徹≪夢窓≫の庭-創作の源泉としての庭園 日本音楽学会第63回全国大会 於:西本願寺聞法会館(京都市)
2003年09月
  • PMF-国際教育音楽祭の理念と現実 日本音楽学会関西支部第309回例会 於:大阪音楽大学(豊中市)

論文

2012年10月
  • 「大阪クラシック」の5年 『音楽芸術マネジメント』第4号 日本音楽芸術マネジメント学会編集委員会編
2011年3月
  • 武満徹≪夢窓≫の庭(4)-彫刻家イサム・ノグチを巡る旅 『ハルモニア』第41号 京都市立芸術大学音楽学部研究紀要
2009年3月
  • 音楽祭はどう企画されるか 〜PMFの最近の事例から 『ハルモニア』第39号 京都市立芸術大学音楽学部研究紀要

学会ならびに社会における活動

2014年9月〜
  • 大阪アーツカウンシル アーツマネジャー
2013〜2016年
  • 大阪大学の劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業アドバイザー