本文へ移動

2021年比較芸術学専攻アート・レクチャー

沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科 比較芸術学専攻
2021年比較芸術学専攻アート・レクチャー

講座概要

「芸術学」の魅力を一般の皆さまに知っていただくため毎年開講している講座です。
今年も比較芸術学専攻の教員がYouTubeによるオンデマンド講座を行います。ぜひご視聴ください。

日時・内容

開催回 開講日 講座名 教員 内容
第1回 10月8日(金) 山城知佳子の作品を『読む』 土屋 誠一 今年、映像作家・美術家の山城知佳子氏の、芸術家としての集大成かつ次なるステップを一望できる美術館規模での個展が、東京都写真美術館において開催される。この絶好のタイミングで「沖縄」という場を主題に作品を展開してきた、山城氏の作品を振り返りつつ、その特異点を論じたい。
第2回 10月15日(金) 「組踊誕生」試論 鈴木 耕太 組踊は初演から300年の節目を迎えたが、創始者である玉城朝薫についての論考や、能楽との比較研究など、演劇が「なぜ生み出されたのか」を問う議論は意外なことに行われてこなかった。本講座では組踊が誕生した背景を探り、組踊が誕生した経緯を論じてみたい。
第3回 10月22日(金) 西洋の疫病厄除け―イタリア美術を中心に― 尾形 希和子 近代医学によって原因が明らかになるまでは、疫病が蔓延すると、民間医療や祈祷やまじないに助けを求めることは洋の東西を問わず行われていた。アマビエの効果もなかなか現れないところだが、西洋ではどのように疫病厄除けを行っていたのだろうか。病気や災害から守ってくれるカトリックの聖人たちや、魔除けや毒消しを願って人々が頼るものなどを紹介します。

実施方法

オンデマンド講座(YouTube)

受講料

無料/要事前予約

お申込

お申し込みフォームに必要事項を入力の上、送信してください 。
受付後、順次ご案内のメールをお送りいたします。

比較芸術学専攻について

お問い合わせ

比較芸術学専攻学科室

住所:〒903-8602 沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
電話:098-882-5070
インターネット:お問い合わせフォーム

   ページの先頭へ移動