工芸専攻

感性を磨き、新しい伝統文化を創造する

アドミッションポリシー

  • 沖縄固有の文化、また広く地域の芸術文化に関心があり、将来工芸作家、教育者、研究家等専門家として活躍できる人。
  • 工芸技術の習得及び研究に興味があり、意欲的に作品制作に取り組み、感性を磨き、他とのコミュニケーションを密にして、自ら積極的に学び、自己形成に努力できる人。
  • 芸術文化、とりわけ伝統工芸、伝統文化の継承、発展に関心があり、グローバルな視点で沖縄の工芸文化研究に意欲のある人。

1・2年次におけるカリキュラム

  • 1年次前期の造形基礎は、デッサン及び絵画・彫刻の基礎実技を通して、基礎的造形力を養うことを目的としています。また、写真・版画基礎のほか、専攻独自の基礎的な実習もまじえており、それぞれの専門性にも配慮した内容となっています。
  • 1年次後期「工芸I」及び、2年次前期「工芸II」では、学生が工芸専攻4分野(染、漆、陶、織)の様々な素材に触れながら、自分の思考を形にする造形力を養うことを目的としています。これらのカリキュラムを経て、2年次後期から始まる専門分野課程の選択や、各分野に対する適正な判断が行えるように指導しています。
年次 前学期 後学期
1年次 絵画 工芸基礎 デザイン 彫刻 工芸II
描写 立体造形 染基礎(1) 漆芸基礎(1) 陶芸基礎(1) 織基礎(1)
2年次 工芸II 染分野 染I
漆芸基礎(2) 染基礎(2) 陶芸基礎(2) 織基礎(2) 染色実験 防染法 古典紅型(筒) 古典紅型(型) 型紙研究 紅型又は 自由制作
織分野 織I
染色実験 組織 着尺 仮仕立て 浮織基礎
漆芸分野 漆芸I
道具の仕立 木工指物 琉球漆工史 木工ロクロ 髹漆(1) 下地工程 漆精製 漆芸科学
陶芸分野 陶芸I
ろくろ成形(1) ろくろ形成(2) 琉球陶磁史 ろくろ成形(2)